「つなげよう!90年の歴史と未来へのバトン」
 

野球部について

  

《チーム目標》 
甲子園出場


《活動方針》

1.人間性を磨く(気配り・気付き・行動力)

 どのようなスポーツでも人間が行います。勝負がかかった場面では、状況判断、信頼、実行力が必要になっていきます。スポーツだけではなく、社会においても必要不可欠なものです。

2.志を高く(挑戦・徹底・勝負強さ)

 無理だと思った瞬間に、可能性はゼロになります。自分の力を信じ、目標を高く、挑戦し続けられる選手を育てていきます。

《スタッフ》

 部長  福島 直史       監督  白子 敦

 顧問  大森 民雄     トレーナー  寺田 祐輝

 コーチ(卒業生)  新井 海渡  

《部員数》

 3年生・・・18名  2年生・・・14名  1年生・・・10名  マネージャー・・・4名   合計・・・46名


《活動内容》

 1.活動日  火曜日~日曜日(土・日曜日は練習試合)  *月曜日は基本OFF

 2.内 容  キャッチボール、トスバッティング、フリーバッティング、ノック、実践練習、体力トレーニングなど

 
《卒業生の主な進路先》
(平成29年度卒)
千葉大学、中央大学、明治大学、法政大学、日本大学、東京電機大学、獨協大学、帝京大学、立正大学
(平成30年度卒)
東京学芸大学、埼玉大学、学習院大学、明治学院大学、東洋大学、順天堂大学、駒澤大学、東京電機大学、日本大学、武蔵野大学、國學院大學、春日部看護専門学校
*この中で1名が大学野球に挑戦しています。

《中学生の皆さんへ》

 練習参加希望または見学希望の方は野球部監督(白子)までご連絡ください。

 
野球部からのお知らせ
12345
2019/04/24

野球部 春季県大会結果報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 部活動顧問

4月23日(火)所沢航空記念公園球場にて、春季県大会聖望学園戦が行われました。
試合経過と結果を報告します。

  聖望学園が先攻、越ケ谷高校が後攻で始まりました。
 初回、先発原田の立ち上がり。先頭打者を三ゴロに打ち取った後、四球で出した走者を相手の4番打者の二塁打で返され、先制されます。さらに6番打者にタイムリーを浴び合計2点を先制されます。しかしその裏、3番主将櫻井に左翼越えのホームランが飛び出し、1点を返しチームに勢いを与えます。2回の表、原田が立ち直り3者凡退に切って取り、追撃の流れを作り出します。その後は5回まで原田が粘投し、走者を出しながらも無失点で切り抜けます。原田の粘投に応え追撃したい打線ですが、相手投手のボールをなかなか捉えきれず、2回、5回に走者を出すものの追加点を挙げられません。前半は、どちらも追加点が挙げられず緊迫した展開となりました。

6回表、相手の攻撃で四球などから2死満塁のピンチを背負い、3番打者に2点タイムリーを浴びてしまいます。バッテリーのミスもあり、3点を奪われます。反撃したい越ヶ谷高校はその裏、先頭の藤原が四球を選び、この試合初めて先頭打者が出塁しますが、後続が倒れ反撃ならず。7回にも四球と代打内山の安打でチャンスを作りますが、あと1本が出ず点を取ることができません。7回以降は、堀井、北條の継投で1点に抑えますが、最後まで相手投手を打ち崩すことができず試合終了。1-6で敗戦となりました。

 

初回に2点を取られた後、櫻井の本塁打でベンチもポジティブにいい雰囲気になりました。しかし、その雰囲気だけでは勝てないのがシード校。「やれる!」という収穫と「まだ足りない」という課題を感じた試合だったように思います。ミーティングでの選手たちの悔しさがにじみ出た表情を見ると、何かこみあげてくるものがありました。この夏のさらなる躍進へ!!この悔しさを糧に、選手たちは絶対にもっと強くなると確信しています。

 

 応援いただいた大勢の父母会の皆様、また関係者の皆様、越ヶ谷高校の春季大会は終了しましたが夏に向けて日々さらに精進していきますので、一際暑い夏となることを御期待ください。

4月23日(火)所沢航空記念公園球場
越ヶ谷 1 - 6 聖望学園

顧問 福島 直史



15:14
2019/04/20

春季県大会組み合わせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 部活動顧問
昨日、春季県大会の組み合わせ抽選会が行われ、越ヶ谷高校は以下の日程・対戦相手となりましたので報告します。

4月23日(火) 所沢航空公園球場 12:30~
対 聖望学園高校

1回戦はシード校との対戦ということになりました。
いつもの自分たちのプレーを思い切り発揮してほしいと思います。
平日になりますが、御声援のほどよろしくお願いいたします。
顧問 福島 直史

14:41
2019/04/17

春季東部地区予選代表決定戦結果報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 部活動顧問
4月15日(月)に春季東部地区予選2回戦(代表決定戦)が行われました。

試合は越ヶ谷高校が序盤からペースを握り、着実に得点を重ねていきます。
すると4番中林に左翼越えのホームランが飛び出し、5回までに10点差をつけコールド勝ちを収めました。

越ヶ谷高校 10 - 0 杉戸高校 勝利

この結果、越ヶ谷高校の県大会出場が決定しました!!
平日の試合にもかかわらず、父母会の皆様をはじめ多くの方に応援していただきました。ありがとうございました。
4月19日(金)に行われる県大会の抽選会で対戦相手や日程が決定しますので、随時こちらにアップしていきます。

さあ、いよいよ県大会です。越ヶ谷高校野球部の力を存分に発揮できるよう、また、県大会に出場するチームとしてふさわしい集団となれるよう、1日1日を大切に練習していきます。

県大会もより一層のご声援、よろしくお願いいたします。
20:17
2019/04/13

春季東部地区大会1回戦結果報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 部活動顧問
本日、春日部牛島球場にて草加東高校と対戦しました。
試合は1点を争う手に汗握る展開となりました。
後攻の越ヶ谷高校は、先発原田が初回を3者凡退に打ち取り上々の立ち上がりを見せます。2回裏、その原田の安打と相手バッテリーのミスで無死2塁の好機をつくると、吉田が適時二塁打を放ち先制します。その後は、走者を出すも追加点が入らない我慢の展開となります。その中、原田は4、5、6回と得点圏に走者を許すも、無失点で切り抜ける好投を見せます。8回表、無死1塁とされるも三塁手池澤から5-4-3のダブルプレーを完成させ、堅い守備で守り抜きます。すると8回裏、代打武岡の3塁打と四球で作った無死1、3塁の絶好機に藤原が左中間に2点適時打3塁打を放ち2点を追加。さらに中林の犠飛で1点を追加し突き放します。9回表に2点を失いますが、逃げ切って勝利。2回戦に駒を進めました。

越ヶ谷 4-2 草加東 勝利

父母会をはじめ御声援頂いた皆様、ありがとうございました!
初戦ということもあり、反省点も多くありましたが、しっかりと調整し次戦に向かっていきたいと思います。

次戦予定
4月15日月曜日 12時30分〜
春日部牛島球場第2試合
対 杉戸高校
13:20
2019/04/10

野球部春季東部地区予選順延のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 部活動顧問
野球部顧問の福島です。この4月に着任し野球部顧問となりました。ホームページのほうも随時更新してまいります。よろしくお願いします。

さて、本日予定されておりました春季東部地区予選は、雨天のため以下の通り順延となりました。会場も変更となっております。よろしくお願いいたします。

4月13日(土)10:00~ 春日部牛島球場  対草加東高校


野球部顧問 福島直史
12:17
12345